婦人

タイミングを図ろう

スマホ

長文は避ける

今の時代なら、復縁したい時にはまずメールで連絡を入れるという選択が無難です。いきなり電話をかけたり、家まで行ったりするよりもマナー的だからです。ただし、送るタイミングは考えましょう。明らかに相手が仕事をしている時間なら避けるべきです。なぜ、こんなに忙しい時に送ってくるのだろうと、最初から印象が悪くなってしまいます。それから、復縁したいからといってその気持ちを長々とメールに書くことも避けましょう。いきなり長文メールをもらっても、うざったいと感じられてしまい、途中まで読んで削除されてしまうかもしれません。まずは会って話したいという連絡をするだけにしましょう。もちろん、ケンカ別れをした場合にいきなり会いたいといってもスルーされてしまいます。復縁希望なら、最初が肝心です。そのため自身が悪いのなら、素直にごめんねと謝るところから始めましょう。そしてきちんと謝罪したいからこそ、会って話したいというような内容を送ります。これだけなら、数行で送れるはずです。そして、返事をひたすら待ちましょう。ケンカをしたのなら、そう簡単に返信が来るはずはありませんので、数日は待ってみることをお勧めします。待ちきれずに要返信の催促メールを送ってしまっては、元も子もありません。そのため、辛抱強くいきましょう。そして、相手からメールの返事が来たら、すぐに連絡をします。また、会ってもいいということなら、ありがとうと贈りましょう。そして都合のいい日時を聞きます。あくまでも相手のペースに合わせることが、復縁の近道となるのです。